トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > 鏡餅と松飾り 年神様をお迎え

鏡餅と松飾り 年神様をお迎え

2015年12月31日

FullSizeRender

大掃除、おせちつくり、書物整理、全部終わりました~!
皆様、今年もどうもありがとうございました。

鏡餅は、昔、貴重だった白米をのして、2重の喜びとして、丸くつくり、
鏡が魔除けをイメージしたので、正月に歳神様に供えました。
つきたてだったおいしい餅をすぐに食べず、わざわざ神様に供えて
そのおすそ分けをいただく。

日本人らしい、謙虚で素敵なマナーでもあると思います。

母が趣味で作った鎌倉彫りと、祖母の庭の松を飾りましたよ。
松飾りは、年神様への「ここにいらしてください!」というお招きの意味もあるのです。

お正月、清い気持ちで、お迎えできたらいいですね♪

私は今から、ちょっと某チェーン店のメニュー開発しま~す!

「鏡餅と松飾り 年神様をお迎え」と関連するコラム

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ