トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > 竹の子の調理とマナー

竹の子の調理とマナー

2016年04月20日

IMG_1072

生徒さんのご自宅の裏庭で、こんな立派な!
重いのに持ってきてくださる気持ちが涙。

竹の子うんちく
食べ方

一番下のボツボツしている堅いところ、最もえぐみがなくておいしいと
和食プロに伺ってからは、、今では楽しみのひとつ!
すりおろしたり、細かく刻んでハンバーグに入れたり、つくだ煮にしたり、重宝ですよ!

マナー

竹の子の揚げ物は、箸で切れない場合は、かじってオッケーです。
ただ、歯型ついた箇所を人さまに向けない!
これが私がマナーとして大切にしていることです。
皿に残していないで、かじったものは、数口で食べきるのがお薦めです。

「竹の子の調理とマナー」と関連するコラム

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ