トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > すがわらで一期一会

すがわらで一期一会

2016年07月22日

IMG_1441

IMG_1442
今日は、ちょっと身近な素敵な女性の話。

Mさんという知人のちょっと人生先輩の女性が、
長年勤められた会社を退職されました。

「今まで出会って感謝している人や、また会いたい人たち」を招待して、
感謝の集いを、彼女が長年通っている行きつけの素敵な店、

すがわら(和食)にて

御声かけいただき末席に参加してきました。

私なんて、いつも御誘いいただいても参加できないことばかりで、
出会って長いのですが、全然お会いしてないし、な~んにも、Mさんに
してないのですが。

当日まで仕事で伺えないと思ってたので、夕方行ける!ことになり、
店に連絡して
「ひとり追加、ご迷惑でないですか?」

はい!行ける!!よし。

って、これもご縁ですよね。

それで、すがわら貸し切りで、とってもとってもおいしく(後ほど書くが)、
食事も素晴らしかったのです。

そして、お土産までいただいたのです。

で!

Mさんの全て「ご招待」なのでした!!

Mさんは、もう7年も、月一回の飲み会をされてもいて、
それは「疲れた後に、いつもそこに誰かがいて気軽に飲める場を」と。

こういうことって、したくてもできる人ばかりではないですね。

彼女はすこぶる金銭的に余裕はある「らしい」です!
たしかに様々な諸条件は必要です。

それでも、同じ環境だからって、誰しも同じことはしません。

Mさん自身がいつもそんな時間をとても楽しんでいて、
無理なくフツウにされているのが、素晴らしいなあと。

行動の継続は、何回口で言うよりも、すっと説得力ありますね。

これは仕事の面でも生活の面でも全てに言えるなあと。

自分には何がやれるのだろう。
自分になりにできることは…。
やっぱり考えてしまいますね。

ずるくなく、真面目に、できるだけ公平な感覚で…。
20年自分で思うこと、地道に続けていきます。

とても楽しかったです。

そして、料理は、全てが真っ当で、素材が本当に素晴らしいです。
ハモだらけ(笑)の茶碗蒸し、フグ刺しごとく薄く、そしてとろけるローストビーフ、
こんなにふっくらしたカマス、初めていただいたかもしれない。
一番感動したのは、最後のお手製の糠漬けとジャコ。
お腹いっぱいなのに、この程よさとキレは、素晴らしいのでございました。
まだほかにも八寸や煮物、デザート…。

味だけでない、恵比寿で25年店を続けられる、ヒミツがすがわらにはあります!

参加したみなさんが、素敵な笑顔になる会でした。

ありがとうございました。

「すがわらで一期一会」と関連するコラム

2020年10月15日 伊勢廣本店 鶏の強み
2020年09月27日 魚の食べ合わせ特集
2020年09月24日 熱海プリンのご紹介
2020年09月17日 胡麻たっぷりベーグル
2020年09月03日 おとりよせネット「ミラノプリン」

コラムを検索

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ