トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > ホテル・旅館業界(メニュー開発込) > フードコンサル&メニュー開発

フードコンサル&メニュー開発

2012年12月30日

先月、今月怒涛のようで、なかなかこのコラムも書けませんでした。

お陰様で、メニュー開発の仕事や、コンサル仕事が多々あって、
東京を離れることもしばしば。

共通事項のひとつが、一体化していない店の場合、集客に結びつきにくい、ということ。

例えば。
●経営者がサービスがよくない、といえば、役員の皆さんは、「そうではなくて立地が問題」だと。
●オーナーは自身の店の料理への評価が高いが、客が同調していない、
●店のファサードと内装、料理イメージが異なる
など。

当たり前のようですが、その一体となっていない部分は何なのか?
を、客観的に気付ける店は成功していくし、気付きは難しいものなのです。

また、私へのイメージもギャップがあったりもする(笑)。
健康的なダイエットメニュー(実際得意ですが)や、
和食(箸文化しているから)イメージもつ方も(笑)。

ボリューミーで、男性視点のメニューで売上アップもさせていただいて
ますよ~!

クライアント様ごとの環境は様々ですので、
その許せる諸条件と、環境に配慮させていただきながら、
来年もメニュー開発のお仕事は真摯に続けて参ります。

どうぞよろしくお願いいたします。

「フードコンサル&メニュー開発」と関連するコラム

2020年10月15日 伊勢廣本店 鶏の強み
2020年09月27日 魚の食べ合わせ特集
2020年09月24日 熱海プリンのご紹介
2020年09月17日 胡麻たっぷりベーグル
2020年09月03日 おとりよせネット「ミラノプリン」

コラムを検索

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ