12日に、九州で放映された「バラエティのB」にて、電話取材を受けました。

その中で、箸で持ち上げるのに、最も持ち上げにくいものは?

さて、皆さん、何だと思いますか?

 

日本箸文化協会の意見は、こちら。

 

乾麺の素麺一本です!!

 

例えば、コンニャクとか卵とか、力をしっかり入れると持ち上げられます。

比べて、乾麺の素麺一本は、つるつる滑るんです。

 

試してみてくださいね!

 

 

そこで、私のおすすめは。

 

箸の角度を60度くらいにして、しっかりつまむといいですよ♪

 

ただ、手首をひっくり返したり、力ずくで持ち上げるのはNG。

美しい首から手先までのフォルムで自然に持ち上げる、これが大事です。

箸が伝統的な正しい持ち方でないと、難しいんです。

 

持ち方は、何歳になっても改善できます!

♦個人レッスンご興味ある方は、お問い合わせからメッセージくださいね。

一回のレッスンで、一生忘れないところまで持っていきます。

 

 

 

8月4日はハシの日!!

8月4日日曜10時30分~ 箸感謝祭(箸供養祭)が日枝神社(赤坂)で行われます。

私が代表している日本箸文化協会も主宰側の末席にて参加しております。
古式ゆかしき供養の式をいたし、そして、お箸を供養します。
その後、会食伴う直会もします(直会は儀式で大事)!

どなたでもご参加できますが、ご希望の方は必ず7月26日までに、小倉朋子までご連絡ください。
本ホームページのお問い合わせから御連絡くだされば幸いです。

会費はありません。ですが、運営のため、また神事のため、
寸志(心)をご持参いただけると幸いです。

滅多にない機会なので、是非!
ご希望の方は小倉までご連絡くださいね。

また、別件、日本箸文化協会の箸検定(商標登録済)もご興味ある方は是非!
箸ソムリエ、箸認定講師になりませんか?

東京オリンピックも来年に迫り、箸の国の人として、見直してみましょう。
箸検定はこちらから。
日本箸文化協会代表http://www.hashi-bunka.jp/