2つの雑誌に執筆しましたので、ご連絡です。遅くなりました。

 

➀経営者向け 季刊誌「ひょうご経済」にて、カラーページ「お箸の文化と心のマナー」

執筆しました。

➁キリスト教の保育、幼稚園が定期購入されている「キリスト教保育」にて、

「目福、口福、耳福」にて、4回連載執筆します。

一回目は、「おやつは甘いもの?」です。

忙しい幼稚園の先生に向けて、

おやつの概念を変えることを書いていります。

 

両誌とも、機会ある方は是非ご覧いただければ幸いです。

矢継ぎ早に失礼します。

16日に続き、17日21時からお声かけいただきルーム開きます!
今度は、箸です❤️
有料級の目からウロコのお話します、テーブルマナーや食全体の話も。1時間限定です♪
https://www.joinclubhouse.com/event/mZ71RryA

 

北海道新聞は、2021年1月15日付 その日一番の高評価の記事になったそうです!

嬉しいです!

 

ひょうご経済は、「達人」を毎回紹介する連載記事にて、インタビュー受けました。嬉しいです。

お箸文化について語っています。

 

何歳になってもお箸は持てるようになります。

一生の宝になります。

個人レッスン受け付けます。小倉独自のノウハウがあるので、必ず持てるようにします!

ご信頼ください。

お問い合わせ からお申込みくださいね。

 

日本箸文化協会代表

世界でたった一人、お箸文化とフードサービスの関係の論文を書いた人

素敵なテーブルコーディネートの決定版!今年も出ました!

見るだけでも参考になったりうっとりなカラー写真、

テーブルコーディネートの大勢のプロによる、充実の一冊。

私だけテーブルコーディネーターではないので、画像なしで(笑)、文章だけで~す!

早いなあ、口頭試験から1カ月以上たちました~。

実は何を血迷ったのか(笑)、大学院に通っていました。
観光学の老舗の東洋大学大学院の国際観光学の修士です。
教えるんじゃないですよ~、学生です(笑)

論文テーマは
「日本における箸の特異性~儀式にみる関係性からの考察」
です。

お陰さまで、論文、口頭試験終えて、
賞をいただきました\(^o^)/

お箸から観光を論じる難しさをひしひし感じつつ。
そして、自分の子供くらいの年代の人と同級生となり、
云十年ぶりの学生生活。
といっても、仕事も忙しく、家事と、家の諸々の課題なども抱えつつ。
一年目は週4日!学校へ!
想像以上のしんどさだった(笑)

亜細亜大で、講師(これは教える側ね)で、朝から晩まで講義した後、夜に学生になる(笑)

「先生~」
と呼ばれると、つい振り向いてしまうんだけど、
「あ、ここで私を先生と呼ぶ人はいないんだ(笑)」と思ったり。

著書は何冊も書いてきまたし、連載も多々書いてきたし、
書くという作業は子供の頃から好きだったけれど、
「論文」というものは、ま~ったく違いますね。
違いの大きさに本当に驚いた。

大晦日も一日中パソコンにひたすら向かって、「あ、年があけたんだ~」と思ったくらいで(笑)。

「先生」と呼ばれるようになって、長い年月です。
久しぶりに学生になって、思う。
自分の過去から将来から、人生も考えることにもなりました。

無事に3月修了できそうです♬
ご協力、ご指導いただいた皆様に、感謝の気持ちでいっぱい。

卒業式は、賞の表彰の場があるそうなので、参加したかったのですが、
やっぱり中止。カクッ