トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > テーブルマナー > 読売新聞書評&マナー必要性

読売新聞書評&マナー必要性

2013年07月07日

こんにちは!

夏バテしてませんか?

できるだけビタミンBをとったり、脂肪とって体力を!
手軽にアーモンド、お薦めです。毎日食べてます。

読売新聞、明日の夕刊(7月8日)の書評欄に
監修本「生き方が変わる!食べ方」(主婦と生活社)
が紹介される予定です。

著者はどんな人?ってことで、食輝塾の様子も取材されました。

最近、マナーに興味ある人や、取材がまた復活してきた気配があります。
経済が豊になると、自分のこと、身近なこと、文化要素に興味をもつ余裕が出てくるためかもしれません。
また、いっぽうで、マナーを教わる機会が増々減少し、身近なものを見直す傾向(必然性)も
増えてきたのかもしれません。

マナーといっても、昨今は、数年前とは質問される内容も変わってきています。
テーブルマナーのイメージではなく、ひと昔なら、誰でも当たり前、常識だったような
ことから必要になっています。

食べ方は生き方や価値観を反映しますし、社会や国を示していくひとつの根幹だと思うので、
人間同志のコミュニケーションや、社会性が見えます。

本能という食欲に対して、文化や協調性を織り交ぜていくのが、経済国です。
そういう意味で、日本はどうなのか、ということが
結構危機的に思う昨今です。

今後も少しでもお役に立てたら嬉しいと思っています。

「読売新聞書評&マナー必要性」と関連するコラム

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ