トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > あまちゃんの食事

あまちゃんの食事

2013年08月03日

先月~今月、メニュー開発と著書の執筆などで、ひえ~って感じなのですが、
録画してNHK朝ドラの「あまちゃん」は見てます!

あまちゃん、食べるシーンも結構面白く、うまく使っていらして、注目しています。

ウニ丼を食べて、感涙したり、
「うめ~!」って叫んだり、

お寿司も、隠元豆の筋切りも、まめぶの哀愁も…。

笑ったり泣いたり、
あまちゃんは、料理が感情のモチーフになっていますね。

地元料理の危機感もさり気なく表現しているし、

本当に美味しい料理って何?

って問われている気がします。

パン食とご飯食が同じ食卓で併記される場面だとか、
きちんと現代を想定していますね。

でも、もっと、実際の一般家庭の現代の食卓は、
パン食でもひとりは苺ジャム、ひとりはミルクジャム
って具合にかなり好みが自由で、でも、お皿は少ない…、など
ドラマには出し切れない実情が沢山ありますが。

食べたいものを食べるので、家族といえど、朝食だってバラバラ。
でも、洗い物は少なく、っていう。
趣向は重視だけれど、手間はかけない。

「あまちゃんの食事」と関連するコラム

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ