トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > ニュース一覧 > 華の湯カレーとチームふくしま

華の湯カレーとチームふくしま

2014年01月30日

野菜ソムリエ協会のチームふくしまのご活動。
福島県の食材を使って、即興鍋作るイベントに、参加させていただきました。
5チームに分かれて、予習なく、目の前の材料と調味料を見て、限られた時間で作ります。
私は審査員をさせていただきましたよ。

いや~、皆さん、圧巻のチームワーク!どれもおいしい!
ほんの少しの調味料の選定の違いや配合や切り方などによって
味のまとまりは全く異なるので、それぞれ個性があって、全チーム満点にしたかった!

野菜ソムリエさんのチームふくしまも昨年賞とられた
農水省の「フードアクションニッポン」アワード、私が震災前からメニュープロデュースをさせていただいている福島県のホテル華の湯さんも、3年連続受賞していますので、その不思議なつながりもあって。

チームふくしまのサイトこちらです。http://vf.way-nifty.com/vmc/2013/12/post-2cfb.html

華の湯さんから、昨年秋に発売した初めての物販「華カレー」も提供いただき、
皆さんに鍋とともにご試食いただきました。

中辛だけど、スパイシーで、おいしいですよ~。

本当は、宿泊に是非いらしてくださり、健康的で、安心な美味しい(ほんとに美味)野菜ふんだんの自慢のブッフェを召し上がっていただきたいのですが、とりあえず、カレーから!食べてみたいという方は、このブログご覧の方も、私の公式サイトの問い合わせの箇所に書いていただければと思います。

イベントのノベルティや、保存食としていかがですか?

ふくしまのささやかな応援に、という同じ気持ちのもと、始めたイベントでしたので、とても充実していました。

野菜ソムリエチームふくしまのみなさんの手際も必見ものなので、是非、ブログご覧の方、今後、コラボ企画などもあるかもしれませんので、その際は、私のこのブログに書くのでご意見くださいね。

応援といっても、人間の士気は長続きが難しいものです。
ですが、継続するのが大切なので。
今も福島の方はずっと頑張っていらっしゃるわけですから。
そして、福島の中でも、本当に頑張っていらっしゃる方に対して適正評価が出るような流れを、私たちもひとりひとり考えていきたいものですよね。

ふくしまだけでない東北全体のこと、できることがあれば是非と私も思っていますが、
なかなか微力にて申し訳ない気持ちです。

華の湯さんは、お湯も30種あり、素敵です。
ブッフェは経営陣の皆様が「先生、ブッフェ食べるようになったら体調が良く、健康になったよ!」とおっしゃってくださるシロモノ。

メタボもアンチエイジングも肩こりも寝不足も…、震災後の気持ちの揺れが緩やかになるように考えたメニューも、震災後は考えました。

是非食べにいって現地で応援してくださいませ。ご自身も温泉と太らない(揚げ物、お肉ステーキも沢山ありますよ)ブッフェで疲れをとっていただけると嬉しいな。

私以外の審査委員だった、福島県の県北農林事務所の藤原さんへ渡した、三浦半島のいいじま農園さんからの農薬使ってない根菜のブーケ。

私もいただいたのですが、私は都内に帰るので、藤原さんの倍くらい?家に持って帰って計ったら、さ~て、重量どうだったでしょう?

当てたら…、ごめん、なんも出ない(笑)
5,5キログラムでした!きゃ~、重たいはずです。途中、家にたどり着けるか?と思ったが。

なんとか。でも、甘くておいしいです!バリバリ野菜イーターなので、あっという間に食べてしまいそう。

華の湯サイトhttp://www.hotelhananoyu.jp/

「華の湯カレーとチームふくしま」と関連するコラム

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ