トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > その他の食 > 亜細亜大学にて

亜細亜大学にて

2014年07月30日

食はそれまでの日々の知識レベルが違うので
学生の反応もそれぞれ。
でも、寝る子がいない授業ですよ~(笑)
面白いもん(笑)自画自賛。

半期って早いですね~。
講師をしている大学も期末試験でした。

舌平目のムニエルや、三枚おろしなどの自由課題も全部率先してやる学生もいて
自分の手を使って匂いや大変さを体感すると、食への感性も変わってきます。

そして、授業中にファッションだと思って帽子をかぶっている学生や
そのほかもろもろ、正論だけでなく、なぜなのか?何を大事にしたほうが良いのか?
相手を思いやる気持ちとは?
などなど、食とは一見異なるような話もします。
全て食に繋がっているので。

それは、私自身への課題や反省も含めて。

今期はメニュー開発の科目。面白い発想の子が出にくい現代だなあと
感じる昨今。
人生感覚の幅は、食の幅とともにあると、思うのです。

でも、みんな素直でかわいいですよ。
元気に育ってくれ!(笑)

「亜細亜大学にて」と関連するコラム

2021年01月24日 兵庫経済 北海道新聞
2021年01月22日 きりたんぽ鍋 
2021年01月08日 最近の投稿はこちらに
2020年12月03日 致知に出ました「食べ方は生き方」
2020年11月22日 立ち食いソバの親子丼

コラムを検索

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ