トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > トレンドマーケティング > 原宿クレープにみる

原宿クレープにみる

2017年01月16日

IMG_2204

インバウンドの方々には、目立つラインアップが一番効果的。
原宿竹下通りのクレープ。

多種類に見えますが、実はバリエーションは以前と変わりません。
ホイップクリームなのか
カスタードなのか、などの違いであったり。
同じものがサンプル並んでいる店もある。

フランスでも、竹下通りのクレープは人気でSNSで流れています。
具たくさんで片手、かつ、盛り付けがキレイ。
本国でもこのスタイルは無いという。

オタッキーな私は、一個をちまちま食べたり、いろいろな食べ方で食べたりしたのです(10代のころね)が、
どの場所を食べてもそれなりにちゃんと美味しい、
というのは誰でもできそうでいて、そうでもないのだ。

日本人ならではのきめ細かな盛り付け文化が現在の原宿でも
残されているのは興味深いですね。

それでも、やはり人気ナンバー1は、チョコバナナ。
やっぱり帰る王道の味なのです。

「原宿クレープにみる」と関連するコラム

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ