トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > メンタルと食 > 多忙な人ほど豆を煮る

多忙な人ほど豆を煮る

2017年10月03日

この数か月、特に仕事やもろもろで、余裕に乏しく。
だからこそ!と思って、お豆を毎日茹でています。

以前は、母が毎日のように豆を常備菜にしている家庭だったので、
なんとなく思い出した、この習慣。

コトコト、コトコト、
マメの香りって、独特で癒しになるの。コーヒーを豆から擦って
ゆっくり抽出しているときと同じ感覚。

最近、豆を煮る人もめっきり少ないご時世ですが、心がほっとすることって、
日常の「食」の関わりに、いろいろあるものなんです。

忘れがちですが、忘れてはいけないことってある。
心の片隅でもいいから、次世代につなげたい、もの。

私は味付けしません。
蜂蜜かけるとデザートになる。
サラダと合わせても、炒め物に入れても、汁物にも重宝になります。

忙しいと、そんな余裕ない!と思われがちですが、忙しい人ほど、お薦めです。
お鍋に入れておけば、放置可能なのですよ~。
食物繊維も豊富なので、時間あるときに作っておいて朝ごはんにもいいですよ。

「多忙な人ほど豆を煮る」と関連するコラム

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ