トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > トレンドマーケティング > すっぱいリンゴと中まで赤いリンゴ

すっぱいリンゴと中まで赤いリンゴ

2018年01月22日

母が作った、鎌倉彫を背景に。

リンゴは酸っぱくて硬~いのが好きです。
八百屋さんで、「甘いですか?」と聞くと、「甘いよ~!密いっぱいだよ」って言われて、悲しむ客って私くらいですね!(笑) 酸っぱいリンゴは現代の嗜好に合わないので、ほぼスーパーには無い。

全ての果物が糖度を競っています。
でも、北米欧米いくと、硬すぎるくらいの素朴な味に出会えます。
自然なおいしさも子供のころから食べさせてあげたいなあ、と感じます。

シャクっではなく、カリッ
が欲しい私。

皆さんは、やっぱり甘いが良いですか?
どちらもいいね、選択ができるね、という状況が望ましいですね。
全ての個性が受け入れられると素敵ですし、農業もハリが出ると思います。

凄く珍しいリンゴを、いただきました。
中まで赤くて、酸味あり!(もっとほしいけど)。
貴重なもの、ありがとうございます!

鎌倉彫って、茶色イメージ強かったのですが、色が入るとイメージ違って、結構見ていても楽しめます。
年月経るごとに色が変わってくるんですね。
こちらも手間暇かかり、作り手も少なくなっていて、寂しいですね。

「すっぱいリンゴと中まで赤いリンゴ」と関連するコラム

2018年06月10日 児童虐待から。法律と個人の目
2018年05月03日 一言の重み
2018年03月25日 食輝塾の生徒さん
2018年03月19日 感謝の誕生日
2018年03月10日 国際女性デー

コラムを検索

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ