トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > トレンドマーケティング > 飲食店と客との接点

飲食店と客との接点

2019年09月16日

専門誌の執筆やサイトなどで連載してしまっているので、あまりこちらには仕事のことは書かないのですが。
たまには。

フランチャイズチェーンのお客様も個店のお客様も、飲食店共通の悩みは人材確保ですね。
本当に大変です。
特に地方になると、人材が集まらないために店舗休業の店も少なくありません。
さらにせっかく来たのだからと、人材をどうしても甘やかしてしまうため、結局はお客様のニーズに応える
良い店にはならず、売上には繋がらない。そんな繰り返しの店も少なくありません。

しかし誰でも食べなくては生きていけないので、飲食業がなくなることは当面考えにくい。
その代り、客との接点の方法が変わってくるのだと感じます。
店に来店するのを箱で受けるのではなく、店側が客へ足を運び、仕事を取りにいくことも必要でしょう。
近々の軽減税率に関しても、客と店との接点の方法が変わることに繋がります。
持ち帰りが増えた場合は、客が食べている顔は見ることはできないし、残量もわからない。
さらに、店のサービスというものの範疇も変わるわけです。
店の個性が変わる可能性もあるといえます。

おいしいものを食べたい、という欲求はいつの世もある。
おいしいをどこで、誰と、どんな場所で、環境で食べたいのか、については、時代とともに変わっているので、そこを感じて、
常に毎日追及して私もご提案しなくてはと常に思っています。

「飲食店と客との接点」と関連するコラム

2019年09月24日 定番食輝塾クラス生徒さん募集
2019年09月16日 飲食店と客との接点
2019年08月20日 餃子にお酢?
2019年08月14日 日本厨房工業会
2019年08月12日 マンゴーばかりがフルーツではない!

コラムを検索

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ