トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > トレンドマーケティング > 豆まきの大豆

豆まきの大豆

2020年02月06日

恵方巻にすっかり奪われた節分市場の大豆。
家族のイベントは、個人で完結するイベントになってしまった。
お父さんが鬼になる、普段できない豆を父にぶつける、という子どもの快楽のイベントでもあった。
ストレス発散でもあり、家族全員の健康と幸せを願った。

豆は日本の宝でもある。モッタイナイ、いろいろな意味で。

この硬い、味付けしていない大豆の味がたまらないのだ、
365日の常備菜。豆まきシーズンに大人買いです。この2倍くらい、まだ買います(笑) 
でもね、メーカーによって、全然美味しさが違うので、そこ注意してくださいね。
もちろん、高級豆は甘さがあって美味なのですが、常備菜には趣向品の味になっちゃうので、
常備菜の私は大手豆メーカーの安価のものがお気に入りで買っています。

たんぱく質補助や、おやつにもお勧め。噛むので脳の刺激にもなります。
お子様のおやつ、コレステロールも低くビジネスパーソンのつまみにもお勧めしたいです。

硬いので食べにくいという昨今の趣向。もったいない!

「豆まきの大豆」と関連するコラム

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ