トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > 箸・箸文化 > 招福楼

招福楼

2011年12月22日

老舗の多々ある和弁当でも、招福楼は、やはり違います。
本店は本当においしい。

お弁当は久しぶりです。
一見普通で派手でないが、見えない部分にプロの心と技が。
支店やのれん分けを広げず、とことんプロに徹した姿勢は味に出るもの。

全然目立たぬ場所にやわらかく煮た鮑。
湯葉の揚げ出し(豆腐に見えるが湯葉なのです)
いくらの醤油づけの薄味でお出しが効いていること。

一つ一つの出しの味は、やはりおいしい、としか言えない。

3650円。
全然高くありません。

伊勢丹で購入、隣りに吉兆が境なく続いて販売しているため、なんとなく買うと
間違えそうですので気を付けてください(笑)

奥ゆかしい盛り付け、懐石は本来そうだったなあ、と感じる。

さらに、割り箸が違う。普通の元禄ではなく、流通している元禄ではないぞ!!
木の材質、裁断の方法も違う。

これは、プロだ。
大好きな店。
本店も久しぶりに行きたくなりました。

写真と詳細は、食輝塾ファンブログにて。

「招福楼」と関連するコラム

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ