トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > 果物消費量とザクロ美肌

果物消費量とザクロ美肌

2013年02月07日

突然ですが果物消費が、年々減少傾向です。
そのため、売ってない果物が多々あり。
なぜって、流通しても購買されないんです。

だいじょうぶ?日本。

ざくろ、皆さん食べますか?

最近、売っている場所に出くわすことがおおし。
それもおっきーの、即購入です。

「どこまで食べていいの?」って聞かれることあるんだけど、プチプチ全部オッケーです。
苦味もおいし。

この苦味を愛でる味覚も衰えている昨今ですね。
できればザクロも全部たべてほしいけれどね、子供たちにチャンスを与えて
あげてほしいです。

汁だけだとジューサーなどでジュースにするといいですよ。

ざくろ、美肌に抜群!!
でも見た目や食べにくさから、消費減少なんです。

ざくろ以外の果実すべて減少傾向。

そんなに皮むき、面倒ですか?

手動き活発にすることは、脳活性によく、果物はその後にビタミンが入ってくるから
ホルモンバランスも整えてくれるし、糖質もはいるので、脳も活性化します。

果物消費減少で、農家さんは大変です。
農業事業者平均年齢65歳超え、次世代につなぎにくく。

ジュースでは補えない栄養吸収が、生果物にはあるのですが、面倒が先にきて
果物買わないご家庭も多しの現状です。

ざくろ、まるでクランべりーみたいで美味ですから、売ってたら是非試してみてほしいです

「果物消費量とザクロ美肌」と関連するコラム

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ