トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > テーブルマナー > 店の味はシェフの味?

店の味はシェフの味?

2013年08月13日

今、食輝塾では中国料理について徹底的にマナーからマナー以外のこともお教えてしていますが、
今月の食輝塾は、既に終わったフレンチのまとめ授業としてレストランの実践授業。

予約取れない店が奇跡的に土日個室がとれたので、
暑い夏に、ガッツリ脂の少ないお肉、元気出します(笑)

それで、私は今月3回同じ店に行くのです。
感じたことがこれ。
その店は、肉の火入れが絶品なんですが、
シェフによっては、同じメニューも火入れの目利きが変わるのですね。
同じメニューでも全く肉の柔らかさが違うのです。
食べてみて、う~ん何故だろうと思ったのですが、理由はそこでした。

こういうことって、食べログに書かれてしまうと、評価につながってしまいますね。
客は一回しか通常行かないので。
その回が店の全ての味だと思ってしまう。
期待してがっかりした、なんて書かれてしまうと残念です。
ほんと。

よく、フードライターや評論家が、何度も同じ店に行って同じ料理を食べるのも
そういう理由があります。

作り手の指定までは、飲食店では日本ではなかなかできません。
それでも、伺った店は、勿論クオリティはそろっているほうだと思っていますので、
お任せできる範囲です。

ですが、美容院では指定できるしね。
飲食店は、料理だけでなく、雰囲気やサービスも含めた金額なので、
そこだけを切り取っては評価をしなくてよいと思っています。

人間が作ること、だからこそプロという言葉があるのですよね。
それもまた、味わいがあって、愉しみにできるくらいの余裕をもちたいですね。

「店の味はシェフの味?」と関連するコラム

2020年10月15日 伊勢廣本店 鶏の強み
2020年09月27日 魚の食べ合わせ特集
2020年09月24日 熱海プリンのご紹介
2020年09月17日 胡麻たっぷりベーグル
2020年09月03日 おとりよせネット「ミラノプリン」

コラムを検索

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ