トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > 食べる場所と遊び場

食べる場所と遊び場

2013年08月21日

本日は久々真面目なこと、ブログでも書きます。

このところ、飲食店のアルバイト店員が、
不適切な画像をツイッターに載せて問題となっていますね。

店舗の機器に自ら入ったり、商品の食品(廃棄前のものだとしても)を顔に漬けたり、その上に
乗ったり…。その数があまりにも多すぎ。

賠償金請求している店舗もあるようですが、ツイッターに載せたのは氷山の一角でしょうから、
のせないまでも、似たようなことは頻繁にあるのだろうと、容易に想像はついてしまいます。

飲食店は良い人材を確保するのが大変な業界と言われて久しい。
いえいいえ、どの業界でも人材育成は大きな課題です。

常識と非常識を教えなくては、と言われるわけですが、
昭和の時代と比較して、その常識のラインが
ガラガラと変わっている現代。

もう5年以上前に稔著に書きましたが、豊かな時代になると、
食べることが遊びに変化していくものです。
それが先進国の特長でもあるのですが、

「食べものを遊び道具にしてはいけないこと」」
「調理場は遊び場所ではないこと」
子供のころから大人が知らせなくてはいけないですね。

大人になったからといって、モラルは急には生まれないものです。

食べることは命に直結すること。
人の体に入るもの、そして人の心に入るもの。
それを扱ってお金をいただいていること。

「ついいたずら」のあってはいけない「つい」があること
教えないといけない時代だと痛感します。

「食べる場所と遊び場」と関連するコラム

2020年10月15日 伊勢廣本店 鶏の強み
2020年09月27日 魚の食べ合わせ特集
2020年09月24日 熱海プリンのご紹介
2020年09月17日 胡麻たっぷりベーグル
2020年09月03日 おとりよせネット「ミラノプリン」

コラムを検索

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ