トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > その他の食 > 飲む醤油

飲む醤油

2013年08月30日

小豆島醤油コレクション

食輝塾の生徒さんが、小豆島へ旅して、醤油蔵元多々、訪ねたそうです。

塩ブーム、みそ(若干)ブーム、次は醤油!と
どのメーカーも数年試みています。

塩麹の次は醤油麹だ!!とか。

ポン酢ジュレ、とか。

今一つ、大ブレイクまでいかない、というか、例えば塩だったら
私も常時30種類くらい置いて使い分けしていますが
醤油はそうはいかない。

開けたら使わなくちゃ。
賞味期限の長さがトレンドブレイクするかどうか、塩との差異のひとつかなと。

また、味や形、色などの特徴も塩のほうがしっかりわかりやすいのもあり。

醤油も大手メーカーでは、栓を開けても品質保持できるパッケージを開発販売していますが、

やはり、大きな理由のひとつに、日本人自体が醤油の使い方を知らなくなってきた、というのもあると思います。
塩はどんな料理にも入れますし、スイーツにもアリ。

伝統的な日本食や郷土食、食文化から離れつつある日本人の食卓事情。

最近、「食べる醤油」「そのまま飲める醤油」などが開発。

飲める酢同様、フルーツなどの果汁が入り、香りと甘み、それだけでドレッシングになるような
醤油が売られています。

次世代にも醤油、つなげたいですね。

海外では見直されているけれど…、という日本の食文化、ほかにも結構多いのです。
箸もそのひとつ。

醤油とともに、そのテイスト、発酵の香り、幼いころから馴染ませていくことが
大人への味覚にかかわります。

「飲む醤油」と関連するコラム

2020年10月15日 伊勢廣本店 鶏の強み
2020年09月27日 魚の食べ合わせ特集
2020年09月24日 熱海プリンのご紹介
2020年09月17日 胡麻たっぷりベーグル
2020年09月03日 おとりよせネット「ミラノプリン」

コラムを検索

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ