トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > メンタルと食 > 食品偽表示

食品偽表示

2013年11月13日

日本酒も出たので、さらに日本酒は出るかもしれませんね。

メニュー表記偽表示の問題が、外食全般に広がってきました。

今月の食輝塾のセカンド授業で、今回の問題と今後、その理由や背景は何か、

私たち消費者ができること、できないことなど、お話しています。

日本の法律は一律になっていないため、消費者が購入時に

出所を100%わかる術は現在のところありません。

今後は法律が変わる申請を出していますが、

現在のところ、外食は表示義務ないのです。

それは、わからなかったら店の人に聞けばよい

という前提のもと。

しかし現代の飲食の世界では、もはやその理由は陳腐。

表示のモラル規範の中には、時代が変わり、客の意識も変わり、アレルギーなど

様々な肉体に及ぼす問題も増えている現状を、企業も勉強して対応しないといけないですよね。

ただ、消費者も課題多し。

食材からの調理をし、実際に多々口にした経験があればわかることもあります。

企業依存して満足しないように、全体的に見直しの時期に日本は過渡期に来ていますね。

というか、もっと前からですが…。

ちと遅いですね。

私はオタクなので、日ごろから分解して食べたり、いろいろアンテナを細かくやって

食べていて、比較対象を自らの中に作って沢山ストックしている(体に)ので、

大丈夫だと自信あります。

それは、自身が納得いくものを食べられる、という自信なの。

人間は比較対象があって初めて評価基準を設けることができます。

その比較は、自身の中にあり!と思います。

「食品偽表示」と関連するコラム

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ