トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > メンタルと食 > 京都吉兆の悲しみ

京都吉兆の悲しみ

2013年11月27日

京都吉兆 で。ギフト用ロストビーフが、結着剤が使用されたブロック肉だったそうですね。
食品衛生法で認められていない(料理名によって認可可否がいろいろあるようです)、ローストビーフですからね…。
知らなかった、とは言いにくいですよね…。

子供の頃、家族で毎年京都旅行していました。
よく嵐山吉兆は伺っていて、しっとりとした良い時間でした。
目でも香りでも満足する料理とサービスと、良い空間と…。

なんだか悲しいなあ。
悲しいのは、京都吉兆までもが!?ということより、偽装(定かではないですが)しなくてはならない現実。
経営難なのか、モラル規範が変わったのか、真理はわかりませんが、
日本の和食文化を担ってきた重鎮も、変わらなくてはならない(良い方向ではなく)時代の変化や
国民の民度の変動や経済情勢や…。
それが何とも危惧することでもあり、悲しい。

老舗の味が守られるように、消費者ももう少し、能動的に食べ方を考えていかないと、
味は守られなくなってしまいます。
京都吉兆も、今後も食事させていただこうと思います。

それがささやかではありますが、老舗を客が支えるということだと思う。
思い出深い店の一つなだけに、なんともやりきれない気持ちです。

でも、ローストビーフのブロック加工、食べたことないと思うんだけど、違いがわからないものなんでしょうか?
わかりそうなものですが。外観の赤味のグラデーションもどうなっているのだろうか?

「京都吉兆の悲しみ」と関連するコラム

2020年10月15日 伊勢廣本店 鶏の強み
2020年09月27日 魚の食べ合わせ特集
2020年09月24日 熱海プリンのご紹介
2020年09月17日 胡麻たっぷりベーグル
2020年09月03日 おとりよせネット「ミラノプリン」

コラムを検索

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ