トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > トレンドマーケティング > 小ざさ羊羹行列の理由と感動

小ざさ羊羹行列の理由と感動

2014年06月12日

2014061117360000

皆さん、4時に行列必死の羊羹、小ざささん、食べたことありますか?

昨日、感激すること、そして考えることがある羊羹サミット、トークショーでした!

羊羹サミット、伊勢丹さん、昨日は、小布施で一番古い栗ようかんの老舗、桜井甘糖堂のとても素材にこだわっていらっしゃる社長と、小ざさの社長とのトークショーでコーディネーターさせていただいておりました。

小ざさは、吉祥寺の有名なお店。朝4時ごろ行列しないと買えない?超レアな羊羹と最中(商品は2品のみ)のお店です。
一生小ざさ羊羹は食べられないなあ、と思っている皆様!

それが!!

今回の羊羹コレクション カフェで、いただけるのですよ~!!
小ざささんは、出店はしていません。カフェですよ!

行列して「ゲット」することに意味をもってします昨今の日本人の食べ方ですが、
今回、トークショーにあたり、社長の先代から、そして、戦時中のご苦労の中の商品つくりや、
現在81歳になられた社長も現役バリバリで、日々どういった工程をされて、限定商品を日々作られていらっしゃるのか~

なぜ限定なのか
なぜ150本なのか

事前に御出演されたラジオ番組なども拝聴したり少し勉強させていただいて…。

正直、涙が出そうでもありました。

お腹いっぱい食べられたらそれでよい、という先代からのお考え。
私の父と同世代の社長、通じる教えを感じ、私は、
あああ、単に限定品と思って購入していく消費者の食べ方がとっても勿体ないのだと再確認したのです。

そして、御若いのは、私なりの判断では、

①毎日楽しく働いていらっしゃるから
②毎日新たな発見をつくっていらっしゃるから
③あずきの湯気を毎日かいでいらっしゃるから
なのかしらと思うのです。

24時間内で、楽しい時間が働く時間であること、こんなアンチエイジングはありませんね。
しかし楽しみを作るのは、誰もできない。自分のみ。

何年されても日々新たな発見があるのは、そういった思考をもともと御持ちだからなのです。
誰しも能動的に探せば、その発見は誰にでもあるはずなのです。

ただ、探そうとできる脳の人、見ても感じられない留められない志向の人、
この違いが人生を変えるのだろう。

あずきはサポニンが若返りと肌艶を作るんですよ!

ご一緒に記念撮影。
とても検挙で人徳な方でした。

羊羹コレクションをプロデュースした尾関社長とパチリ。

本日のぞいて、13日から、最終日16日までずっと私はトークショーしますので、是非いらしてください!
2014061114500000

明日は榮太樓常務様と回進堂社長です。
カフェも是非!
小笹さん以外の全国のおいしい羊羹セットもいただけますよ!

「小ざさ羊羹行列の理由と感動」と関連するコラム

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ