トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > ニュース一覧 > ビールと料理のマリアージュ

ビールと料理のマリアージュ

2014年06月27日

P1000160

P1000175

P1000161

初代世界ビアソムリエチャンピオンのシフナー氏お招きして、
盛沢山の5日間、昨日終了しました。

ウエスティンホテルでのセミナー懇親会では、
オーストリア大使館のみなさまと、国内市場にないオーストリアビールも多々30種類です。

オーストリアの料理をオーストリア人のウエスティンホテルのシェフに作っていただきました。
食べやすいんですよ。
それに合わせたビールもマリアージュ。

オーストリア料理は、西洋料理の基本の一つになっていて、
フレンチの原型にもなっていて郷土料理風なので
日本人も食べやすいんですよ。
機会あればレストランもあるので行ってみてくださいね。

パプリカなど多用します。

私が、日本内では珍しい料理な、と思ったのがこれ。
コールドなビーフと、ひまわりの種とオイルのサラダ。
この組み合わせは日本人の発想ではないし、フレンチでもあまり使わないので。

シフナー氏はとっても気さくで優しい方でした。

クラフトビールも人気になっている昨今。

ビアソムリエ協会を立ち上げてから、まだまだですが、
なんとかいくつか経験と実績を重ねていくことができて、
皆様、どうもありがとうございます。

昨日は居酒屋協会さんとのコラボセミナー懇親会でした。
それは後日書きますね。

「ビールと料理のマリアージュ」と関連するコラム

2020年10月15日 伊勢廣本店 鶏の強み
2020年09月27日 魚の食べ合わせ特集
2020年09月24日 熱海プリンのご紹介
2020年09月17日 胡麻たっぷりベーグル
2020年09月03日 おとりよせネット「ミラノプリン」

コラムを検索

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ