トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > トレンドマーケティング > 中国鶏肉とベトナムシシャモ

中国鶏肉とベトナムシシャモ

2014年07月26日

朝刊折込チラシに、マクドナルドが。
「豆腐しんじょナゲット」夏のFes! として夏限定商品になっていました。

最初に中国の鶏肉ナゲットニュースが流れた、翌日。
対応のスピードも、処々大変ですね。
夏のウリがこれから!という時ですから。

豆腐しんじょは、スーパーでも揚げずに販売されている商材ですね。

先日の、別件のベトナムシシャモも陰に隠れた感ですが、
かなり気持ち悪いですよ、こちらも。

他人(企業、他国)に自分の食を依存していること、その事実に
有難いという感謝とともに、真摯に考えていかないと、
依存ばかりだと消費者は責任感が薄れてしまいます。
ラクチンと安価を得るのは、何かのリスクがありえるかも、
という前提(勿論やっていけないことはいけないんだけど)
で、ラクチンと安価を考えていくのが、常識なのでは?

認識して、「私は強靭だからだいじょうぶです!」と思って
食べる、というのもひとつの方法です。

人は考え方がそれぞれ。
ただ、食は全ての根幹なので、そんなに楽して安価で安全で美味しくて…、
完璧を求めるのが「普通」と思ってはいけないと思う。

冷凍にすると、いろいろわかりにくいものです。
私は、自分の食は、何でもかんでも冷凍して、どういった食感になるのか、

味にどう変化でるのか、そのままたべて美味しいをどこでどう見つけるか…
など、ブツブツ、単に道楽でやっています。オタクなので。
勿論、美味しくないものはやらないし食べてませんよ~(笑)

いろいろ実験しているのだ。

脱線しましたね。
処々、近年、日本の食が先人から「見直してみ~!」と言われているような気になります。

「中国鶏肉とベトナムシシャモ」と関連するコラム

2020年10月15日 伊勢廣本店 鶏の強み
2020年09月27日 魚の食べ合わせ特集
2020年09月24日 熱海プリンのご紹介
2020年09月17日 胡麻たっぷりベーグル
2020年09月03日 おとりよせネット「ミラノプリン」

コラムを検索

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ