トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > 雪うさぎとおいしさとは

雪うさぎとおいしさとは

2015年04月17日

2015041714210001

2015041715230000

夏を待てずに雪うさぎへ
日光の天然水を使ったかき氷は、昨年オープンで、イベントでもメディアでも店も
社長もひっぱりだこだった。

かき氷。
このシンプルな甘味ですが、数年前まで、人々は忘却だった。
夏に食べる人もいれば、海に行けばシャリシャリと食べるとか。
でも、当時から、「数年後には、かき氷ブーム絶対くる!」っと思って執筆したり
していました。
このシンプルな老舗スイーツ、トレンドから忘れられていたけれど、
これほどアレンジしやすいまだ未発展なスイーツってないかも、と思ったから。

今年オープンの店もまだありますので、おそらく今年も人気は続くでしょう。

メルティな美味しい氷は、まさに芸術ともいえるし、日本人だけでなく、
海外の人もきっと「ミラクル!」って思うと思うよ。
フラッペとは全く別の文化ですから。

実は業務用器械でもメルティな器械が開発されてはいます。
その技術も素晴らしいです。
でも、社長やオーナーの素晴らしさや、手作りの温かみや、経営方針など…。
素敵!って思えることが、やっぱりおいしさに繋がるし。
そうあっていたいよね、人間だもの。

かき氷ですが、暖かいのよ。

雪うさぎの社長のビジネスセンスも素敵です。

「雪うさぎとおいしさとは」と関連するコラム

2020年10月15日 伊勢廣本店 鶏の強み
2020年09月27日 魚の食べ合わせ特集
2020年09月24日 熱海プリンのご紹介
2020年09月17日 胡麻たっぷりベーグル
2020年09月03日 おとりよせネット「ミラノプリン」

コラムを検索

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ