トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > トレンドマーケティング > ふくしま館の日本酒つまみ終了でメニュー開発の面白み

ふくしま館の日本酒つまみ終了でメニュー開発の面白み

2015年07月15日

日本橋ふくしま館の日本酒メニュー作って、3日目作り終えました!
お陰様で、昨日も3つ料理とも早めに完売だったとのこと!

最終日は5時起きで、オリジナルの酒粕のおつまみを120名分、後の2品を200名分作って、
大学講師の日なので、行きました!
あ~、思ったより脚が棒とはこのこと。ふくらはぎパンパンで~す。
勉強になりました。

今回難しかったこと。
作り置きでも味が損なわない。
温め直さなくても品質が損なわない。
ふくしま館で売っている商品内で作るレシピ。
中通、浜通り、会津の3地域を網羅する。
日本酒にあわせる。
などなど。

大人数の場合、また、飲食店での調理でない場合、
調理工程の簡易かどうかだけでなく、一気にキッチン火力でどうするのか。

私のオリジナル酒粕つまみは、「酒粕の使い方、こんなのあるんだ!!」
っとお客様からお声沢山いただいたとのことで、購入する人も沢山いたらしく。
味噌漬けのアレンジ料理もとっても好評で購入者多しとのことでした。

日本酒は世界でも人気になっています。
ふくしまの良いお酒、酒蔵が今後も末永く経営できるように願いたいですね。

よかった~。ふくしま、ファイト~!

「ふくしま館の日本酒つまみ終了でメニュー開発の面白み」と関連するコラム

2020年10月15日 伊勢廣本店 鶏の強み
2020年09月27日 魚の食べ合わせ特集
2020年09月24日 熱海プリンのご紹介
2020年09月17日 胡麻たっぷりベーグル
2020年09月03日 おとりよせネット「ミラノプリン」

コラムを検索

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ