トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > 廃棄処分の食を

廃棄処分の食を

2016年04月06日

フランスでは、スーパーなどで売れ残った食品を廃棄処分することを法律で禁止したそうです。再利用の協会や企業が回収する(有料で)。

日本は、先進国の中でも生ごみ(食べられるのに、廃棄、または可食の部分の廃棄)率が、断トツに高い。いっぽうで自給率は断トツに低いのです。小売各社も、結束して賞味期限前の廃棄処分を減らす試みもしましたが、お互いに切磋琢磨しているので、安易にはいきにくい。日本も法律で決定事項になれば、各企業メーカーも流通も小売りも卸しもベクトルが前に向けられると思います。

なかなか日本で法律でって、難しいでしょうね。

モッタイナイという言葉は、日本生まれで、世界に認知されたものの、現在は。消費者も賞味期限が短い商品を買い控えたり、期限過ぎて腐らせたり。食べ物にもすべてに命があるの。そろそろ本気で考えないといけないですね。

「廃棄処分の食を」と関連するコラム

2020年10月15日 伊勢廣本店 鶏の強み
2020年09月27日 魚の食べ合わせ特集
2020年09月24日 熱海プリンのご紹介
2020年09月17日 胡麻たっぷりベーグル
2020年09月03日 おとりよせネット「ミラノプリン」

コラムを検索

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ