トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > その他の食 > プチ比較、海外菓子と日本菓子

プチ比較、海外菓子と日本菓子

2016年10月06日

img_1832

食輝塾の生徒さんのギリシャ土産をいただきました!
ピスタチオクリームはジャム代わり(ミルククリームみたいな感じ)だと思います、おそらく。
日本だと高値になっちゃいますよね、ピスタチオ。
ナッツ類、どわいすき!
小箱はお菓子で蜂蜜と杏子ドライを固めた素朴なお菓子。
こういう素朴な感じの菓子が海外にはあってほっとします。
日本は逆に繊細で緻密な菓子が100円単位で購入できる、これまた海外の方からすると
ミラクルだという。

日本は菓子のパッケージデザインも利便性追求してそれはそれは企業努力なのですが、
意外に海外も楽しいパッケージはありますよ。
シンプルで美的センスがキレイだったり、箱が開けやすくなっているなど。

ただ、日本も素朴な昔ながらのお菓子がスーパーでも売っていますが、買い求める子供や若い人
いないんですよね、CVSに売っているものが、現代の若い人の食の世界になってしまっています。
せめて、スーパー、物産に目が広がるように、周りの大人が機会を作っていかないといけないのだ!
育つ環境で味を知ると忘れないものなのです。

生徒さんからよくお土産をいただき、私にまで気遣いくださって
感謝。
ほぼ、FBなどにアップしないので、ごめんね。
いつも有難くいただいています!

「プチ比較、海外菓子と日本菓子」と関連するコラム

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ