トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > 美濃吉 老舗弁当の在り方

美濃吉 老舗弁当の在り方

2012年05月23日

デパ地下等、多々安価で食べやすいお弁当が売られている中、
老舗の料亭などが売る弁当は苦戦中。
行楽シーズン、中高年層など用途は勿論健在ですが、現在の若者が高齢になって老舗和弁
当を2000円以上出して食べるように変わっていくか?はギモン。
高齢者社会となっても売上アップが即望めるかというと、別。
老舗弁当に関しては、別物感覚が否めません。

手間暇を考えると、どうしても和懐石は高値になってしまいます。
和洋折衷にしてみて新業態!ってやっていると、うまく行かないケースも多々。

そんな中、美濃吉さんの花籠弁当は、1500円プラス消費税。
籠自体も結構大きく、御馳走感は存在し、お得感がありますね。
ちょっと足りないので、一品モノ【今回は、よもぎ豆腐と、揚げ茄子】を追加しました
が、
女性だったら花籠弁当だけでオッケーでは。

課題は案外ごはん。

ゴハンを美味しく、というのも案外老舗和懐石弁当には難しい課題であり、
チェーン展開している店や、売り場でゴハンは詰めます、
の店のほうがずっと美味しかったりしてしまう。
コンビニのおにぎりも美味だしね。

今回の美濃吉さんは「寿司飯」。
これ、売り場で盛り付け不可能な老舗料亭などではお薦めです。
ゴハンのはっつらさは感じなくて済むのです。

「美濃吉 老舗弁当の在り方」と関連するコラム

2020年10月15日 伊勢廣本店 鶏の強み
2020年09月27日 魚の食べ合わせ特集
2020年09月24日 熱海プリンのご紹介
2020年09月17日 胡麻たっぷりベーグル
2020年09月03日 おとりよせネット「ミラノプリン」

コラムを検索

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ