トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > 健康・ダイエット > 疲労回復に甘いものは本当に良い?

疲労回復に甘いものは本当に良い?

2012年08月20日

私は普段、甘いものや炭水化物だけでお腹いっぱいにさせないように、訓練しています。

もう慣れたので、昔(10代の頃)はパスタや麺類のランチは多々していましたが、昨今は滅多にない。
必ず野菜とタンパク質を多く食べます。

そのほうが、疲労回復が長期的に見て、断然よいのです。

甘いものは、疲れた時に食べたくなりますが、実は威力の持続性はあまりないのです。

脳は糖分を栄養としますが、維持するのはわずか3時間弱。

けれども我々は、人生経験の中で、
「甘いもの食べると幸福になる」と覚えているので、つい食べてしまうのです。

本当に元気になりたかったら、たんぱくやミネラルを摂取するほうがお薦めです。

それでも「ちょっとしょんぼり」と思った時、甘いものは即効性が高いので、特攻薬になってくれます。

久々、「甘い炭水化物だけを食する」をやってみた。

続きは後日~。

「疲労回復に甘いものは本当に良い?」と関連するコラム

2020年10月22日 海の幸のスープ(伊勢せきや)
2020年10月15日 生徒さん募集!
2020年10月15日 伊勢廣本店 鶏の強み
2020年10月14日 ニノさんにコメント出ました
2020年09月27日 魚の食べ合わせ特集

コラムを検索

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ