トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > 缶詰の価値

缶詰の価値

2013年02月23日

数年前からの缶詰人気、今年はブームが本筋となってきました。
特に100円ものと、プレミアムものを分けて楽しむ傾向です。

100円シリーズで、人気がタイカレーシリーズ。
ブーム前の数年前から、見つけて食べたところ、「何これ!」
本格的なタイカレーの味付けに、
ツナが惜しげもなくはいっており、
この具材の量は、日本の缶詰も勝てないだろう、と思うほど。
いなば食品さん、恐るべしと思って、注目していました。

というか、そこまで日本は缶詰に数年前までは
クオリティを追及して製造していませんでした。
保存食のイメージからはほぼ脱却しつつある今。
今後本気になって缶詰開発に取り組めば、より消費者が楽しめる缶詰
が登場するでしょう。

楽しみですね!

ただ、便利で安い、というこの二大看板で、食を選び、トレンドとなり、
小売店の棚からなくなる(完売)傾向が、果たしてどうなのか?

素材からの調理はなく、出来上がったものから、プラスアルファで
「自分調理」
とする傾向。

例えば、缶詰使って、炊き込みご飯にしたり、カレーからグラタンにしてみたりなど。

子供のころから、私はず~っとそいういうニッチをし続けてきたのですが、
それはあくまで趣味の世界。

それが家事を「仕事」とする人や、子育て中の家庭まで、「主流」となって
いくことは、やはり家庭の調理力の減退につながるはずです。

そうはいっても、震災あったり、店舗が回りにない過疎地域も多く、高齢者も多い現代の日本ですから、保存できる缶詰や、手間いらずの便利というキーワードは、
魅力的な商品力でもあり。

「食材」からの料理、「調味料を組み合わせる」丁寧な料理に対して、経験不足の人が
ふえてくることを避けながら、進めていきたいものです。

実際、おいしいもの!
楽しい、缶詰世界。

ず~っと前からお気に入りだったシリーズが、「完売」で買えない状況は
予想していたものの、ちと不便ですね(笑)。

新たな新商品を開拓していきます。

わたしのお気に入りは、トムヤムカレーです!
写真のひとつ。

「缶詰の価値」と関連するコラム

2020年10月15日 伊勢廣本店 鶏の強み
2020年09月27日 魚の食べ合わせ特集
2020年09月24日 熱海プリンのご紹介
2020年09月17日 胡麻たっぷりベーグル
2020年09月03日 おとりよせネット「ミラノプリン」

コラムを検索

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ