トップページ > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > 小倉朋子の専門分野コラム一覧 > 塩麴・醤油麹ヒット背景

塩麴・醤油麹ヒット背景

2012年08月15日

塩の次は、醤油だ!

と、醤油メーカーは、醤油麹商品に力を注いでいますが、

自分で簡単に作れるので、塩も醤油も、仕込み中。

醤油麹のほうが、もともと醤油に旨味成分が満載なため、塩麴より、一層芳醇な味が出やすいのです。

分量入れて、混ぜるだけ、という手軽さ、でも使い方は大変便利。

  1. 作り方 カンタン
  2. 使い方 ベンリ

この2つの理由があって初めて、現代のヒット調味料になる

また、

・食文化や伝統的な「イメージ」もあり

・カラダに良くて文化的で

・手作り感ある

・かつ、便利で…。

というニーズの落とし所としては申し分ないヒットする理由が麹には満載。

ジャンクイメージが無いところも現代受け入れられやすい理由。

現代人は、どこかで、「ジャンクじゃない生活をしている」「カラダと心に気を使っている」自分でいたい、

それが自身の癒しになるのでしょう

実際、何料理も合うので、夏は加熱しない料理にも使いやすいですね。

手作り仕込みしている時の、触感と香りも、五感に刺激があるためストレス軽減になるんです。

冷やし麺や、シンプルに、納豆も、納豆たれでなく、麹で食べるの、美味しいですよ~

「塩麴・醤油麹ヒット背景」と関連するコラム

2020年10月15日 伊勢廣本店 鶏の強み
2020年09月27日 魚の食べ合わせ特集
2020年09月24日 熱海プリンのご紹介
2020年09月17日 胡麻たっぷりベーグル
2020年09月03日 おとりよせネット「ミラノプリン」

コラムを検索

ページのトップへ

お問い合わせ

全てのお問いあわせはこちら
※当方の返信が迷惑メールボックスに入る場合があります。
返事なき場合、ご確認くださいませ。

お問い合わせ

著書の紹介

  • 日本箸文化協会
  • 過去のブログはこちら
  • FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)
  • 食輝塾ファンブログ